[PR]

オーストラリアのワーホリはいくら稼げる?メルボルンの体験談!

オーストラリア メルボルン ワーホリ いくら稼げる 仕事の探し方
スポンサーリンク

オーストラリアのメルボルンワーホリ。「実際にいくら稼げるのか?時給はどのぐらいなのか」

わたしのリアルバイト経験を踏まえてお届けします!

Rio
Rio

メルボルンで稼げるかな?

実態は・・・みんなオーストラリアのワーホリでいくら稼げているのでしょうか。

この記事で解決できる悩み!
  • ワーホリでいくら稼げるのか知りたい
  • 時給と仕事内容を知りたい

実際にメルボルンでバイトするとわかるリアルな時給!

知りたいひとは読み進めてくださいね。

では、オーストラリアメルボルンワーホリ事情、いくら稼げるのか?から見ていきましょう

スポンサーリンク

オーストラリアのワーホリ:いくら稼げる?【メルボルン】

オーストラリアのワーホリでいくら稼げるのか・・働く場所によってばらつきがあります!

1週間ごとの賃金で考えると、400豪ドル〜1000豪ドル/週 ぐらい。働く場所によって、かなり稼げる額が変わってくるんです。

1豪ドル=100円としても、、4万円~10万円/週。

その差は6万円です!すごいですよね。

オーストラリアって時給が高いんだよね?もしかしてめっちゃ稼げるかも。フルタイムで入ったらすごいことになっちゃうんじゃない?

など希望と夢に満ち溢れることもありますよね。まず雇用形態をみていきます!

オーストラリアの雇用形態

オーストラリアの雇用形態は、主に3つあります。

  • フルタイム(安定して週に40時間ほど働く)
  • パートタイム(日本のバイトに似ている)
  • カジュアル(パートタイムより時給が高い、日雇いのような働き方)

ワーホリで来ている人はパートタイムで仕事を探す人が多いです!

わたしは、8ヶ月のメルボルンワーホリで3つのパートタイムジョブを経験しました。

知り合いや日本人の友達の話も聞きながら、どんな仕事なら稼げるのか?時給やメリット・デメリットを働いたお店ごとに見ていきます。

メルボルンワーホリ:どんな仕事が稼げる?

オーストラリア ワーホリ 仕事ない

オーストラリアの最低賃金は、1時間あたり時給23.23豪ドルと定められています。(2024年4月現在)

日本円に換算すると、1時間あたり:時給2000円以上!?と、オーストラリアワーホリが人気な理由がわかりますね。

※もらえる時給には、店舗によって差があります。

ベトナム料理レストランのフロントスタッフ

わたしのリアル体験談として、ワーホリのお給料事情をこっそりひっそりお届けします^^

渡航1ヶ月で、私が最初に雇ってもらったのは、ベトナム料理レストランのフロントスタッフでした。

ここでは、週平均400ドルのお給料でした。(日本円だと4万円/週)

  • 時給23豪ドル
  • 1日4時間×5日間勤務

大学の近くにポツンとあるお店だったので、シフトは平日のお昼時10時〜14時まで

お昼時は、忙しすぎてパニックになることもしばしば(笑)

メリット

  • 朝とバイト終了後、ゆっくりできる
  • スーパーアニュエーション(税金)をしっかり払ってくれる
  • 安定してシフトに入れる
  • 休み希望を出しやすい

デメリット

  • 最低賃金ギリギリ
  • 一日4時間しか働けない
  • 5日連続で働くのが大変
  • お昼時とディナー時以外はゆっくりできる

賃金は安いですが、安定して入れるので、結局5ヶ月間働きました。

ハンバーガ屋のウェイトレス

次は、友達の紹介で入った、個人経営のハンバーガー屋で働きました。

ここでは、週平均700ドルのお給料でした。(日本円だと7万円/週)

  • 時給23豪ドルちょっと
  • 1日6時間×5日間勤務

メリット

  • 最低賃金以上
  • 安定してシフトに入れる
  • 観光客が多く、チップを貰えた

デメリット

  • 休み希望を出せない
  • 小さいお店なのでオーナーと2人きり

観光客の多い小さなお店なので、チップを貰えることもしばしば。

やったー!初チップ^^

初めてのチップは嬉しかったです♪

カフェのフロントスタッフ

次は、メルボルンの人気カフェでバイトをしました。

ここでは、週平均550ドルのお給料でした。(日本円だと55000円/週)

  • 時給26豪ドル
  • 1日5時間×4日間勤務

メリット

  • 最低賃金以上
  • 明るい雰囲気

デメリット

  • とにかく忙しい
  • ダブルペイがない

※ダブルペイ:オーストラリアは休日の給料が2倍になります。それがないなんて!!こればかりは店舗によるんですね。大きなお店であれば、ダブルペイはしっかりいただけます!

休日2倍、つまり、時給50豪ドルなんてこともあるんです!

働いてみたかったカフェですが、とにかく忙しい…!バイトだけでへとへとになってしまうことも。。

その他知り合いの体験談

知り合いにも聞いてみました! 

ラーメン屋

週平均1000ドル

メリット

  • 日本人オーナーは最低賃金以上
  • 休日ダブルペイを守っている

デメリット

  • 夜遅くまで営業しており、帰宅が朝の3時になることも

カフェ

週平均700ドル

メリット

  • 忙しい分スタッフが多く、仲良くなれる
  • ダブルペイがある

デメリット

  • とにかく忙しい

カフェは人気ということもあって、やぱり忙しところが多いんです。

オーストラリアのワーホリ:おすすめの仕事は?

メルボルンでのワーキングホリデーの仕事、表にしてみました!

わたしは、どれが一番いい!というのはありませんでした。どれも一長一短ありますからね!すべてはいい経験となりました。

職種時給おすすめな人
ベトナム料理店フロント20豪ドル朝と午後を自由に過ごしたい人
ハンバーガー店ウェイトレス23豪ドル観光客との交流を楽しみたい人
カフェフロント26豪ドル忙しくても楽しめる人

メルボルンでの仕事探しには、時給だけでなく、勤務時間や職場の雰囲気、安定性など人によって選ぶ観点が異なると思います。

職種ごとに、それぞれメリットとデメリットがあるため、自分のライフスタイルや働きたい環境に合わせて選んでいきましょう!

あなたに最適な職種を選んでみてくださいね。

まとめ

オーストラリアのワーホリ、いくら稼げる?について体験談よりお届けしました。

メルボルンワーホリは、400豪ドル〜1000豪ドル/週 と、働く場所によってばらつきがあります!

メルボルンワーホリは、パートタイムで働く人が多いです!

それぞれの職場に、メリットやデメリットがあるので、時給だけでなくどれくらい安定して入れるか?

働きやすい環境か?なども視野に入れて仕事選びをするといいでしょう!